s_harakunの日記

25歳無職の日記です。

ロボキャッチャーになりたいな

BSで前田健太投手の登板試合をみていました。すると、キャッチャーの腕に、リストバンドが二つ巻かれているのが見えたのです。いや、もっとよく見ると、それは布製のリストバンドではなく、テカテカと妖しく光を反射していたのでした。

私は叫びました。

ロボキャッチャーだッ!!!!」

ロボキャッチャーはロボなのです。ロボキャッチャーの腕には小型パソコンが内蔵されており、ちょうど腕時計を見るのと同じ格好で、左腕のキーボードをカタカタやるのです。そして相手打者のあらゆる情報(昨日の打撃成績、慢性的に苦手なコース、今朝の朝食、二親等以内に脳卒中で倒れた者がいるか、など)を即座に検索するのです。それを元に配球を組み立てるのです。すごいやつなのです。

やっぱりメジャーリーグはすごいなあ!

私は惜しげもなく感嘆の声を上げました。

ですが。 

 

 

ということだったのです。

 グランダル捕手のアイデアは素晴らしい。ですが、少々がっくりしてしまいました。こんなことでがっくりできるのは、私ぐらいのものなのですが。

ロボキャッチャーになれとは言いません。だが、腕に小型パソコンを埋め込むぐらいの改造をする豪の者はいないのでしょうか。いてほしい。誰もやらないなら、私が……。

四次元の怪獣だぞすごいだぞ

f:id:s_harakun:20170530232838j:plain

 

御覧頂いたのは、ウルトラ怪獣ブルトン」でございます。

アニメ「天元突破グレンラガン」のオーディオコメンタリーで、今石監督が言及していたので描きました。ウルトラ忍法帖(忍者ウルトラマンが忍者怪獣と戦う忍者ギャグマンガ)の忍獣「武留屯」を参考にしています。自信作です。

 

f:id:s_harakun:20170531132240j:plain

実際はこんなん(ブルトン | ウルトラ怪獣擬人化計画

 

ブルトンは四次元怪獣です。

四次元の怪獣です。

 科学特捜隊を四次元空間に放り込んだり、戦車を空間転移させたりなどの四次元攻撃を使います。

え、それって最強じゃん。って思いますよね。僕も思います。でも、他の怪獣と同じく一話で倒されます。

ウルトラマンブルトンをくるくる〜って回したら、なんか倒せました。さすが我らのウルトラマンですね。よかったよかった。

 

ちなみに、ウルトラ怪獣擬人化計画というその名の通りなプロジェクトでは、ブルトンはこうなってます。

 

f:id:s_harakun:20170531133102j:plain

ブルトン | ウルトラ怪獣擬人化計画

 

太ましい。

オープニングが本編です

オープニングってなんのためにあるのでしょうか。

本編の雰囲気を伝えるため? 視聴者に「これから始まるよ!」と心の準備を呼び掛けるため? キャラクター紹介のため?

いずれにしても、アニメのオープニングは本の表紙みたいな、本編を補う付属品だと思っている人が多いのではないでしょうか。

ところで、現在放送中のアニメ「ひなこのーと」のオープニングがこちらです。

 


TVアニメ「ひなこのーと」オープニングテーマ「あ・え・い・う・え・お・あお!!」試聴動画

 

どうですか、この「どきどきとわくわくをいっぱい うるうるときらきらをぎゅっと詰め込んだ」オープニングは!

すごいでしょう。

ええ、すごいんです。

僕はこのアニメ、見るつもりはまったくなかったのですが、このオープニングにガツンとやられてからは毎週欠かさず視聴しています。

このオープニング、とにかくサプライズが多いんですよね。曲ってそれぞれ違うものだけど、なんとなくの型というか、コードのようなものがあります。だから初めて聞く曲でも、出だしさえ聞いてしまえば、あとはぼんやりと予測がつくものです。

でもこの曲はてんでばらばら。10人がそれぞれ作った短い曲を力技でくっつけたみたいな。すばらしい。

作家の保坂和志という人がどこかで言っていましたが、スポーツでよく「まさかの展開」という言葉を使うけど、それはぜんぜんまさかじゃなくて、ルール上起こりうることなのだから、想定内の展開だと。サッカーの試合なのに急に全員がラグビーを始めるぐらいじゃないと、まさか、とは思わない。そういうニュアンスのことを言っていました。

思うに、このオープニングって、ルール破りな展開が多いからこんなにわくわくするんじゃなかろうか。歌に明るくないので詳しいことは説明できませんが。

あと、曲だけじゃなくてアニメーションも特殊じゃないですか?他ではあんまり見ない動きしますよね。「ぬるぬる動く」っていうことだけじゃなくて、ポーズとか構図が新鮮。

なにより、たのしい!

ハッピー!

 

ところで、エンディングはこちらです。


TVアニメ「ひなこのーと」エンディングテーマ「かーてんこーる!!!!!」試聴動画

 

最高ですね。

 

ちなみに本編はこんなにサプライズ満載ではなく、オープニングで爆上がりした心拍数を落ち着けてくれる内容です。

1分半のオープニングを補足するためにあるのが本編だと言っても差し支えないと思われます。

そういえば、どこかの作家(保坂和志とは別の人)が「小説はタイトルが一番重要で、小説自体はそのタイトルを説明するためにある」みたいなことを言ってたような。

だとするなら、「ひなこのーと」は極めて文学的なアニメなのではないか……。文学とはいったい……うごごご!

イカれた女児が好き

イカれた女児は好きですか? 私は好きです。

たとえば、「ゆるゆり」の京子はかなりイカれていて、良いです。

 

f:id:s_harakun:20170422205736j:plain

歳納京子、14歳(キャラクター紹介 | TVアニメ「ゆるゆり♪♪」スペシャルサイト

 

アニメ「ゆるゆり♪♪」で京子が風邪をひく話があるのですが、その理由が「外で上半身裸になって一時間も乾布摩擦をしたから」。周りのキャラクターたちは「そんなことするから風邪ひくんだよ〜」的なツッコミをするのですが、どう考えても女子中学生が平然と外で裸になれることの方がおかしいです本当にありがとうございました。

 

ところで、「苺ましまろ」の7巻を読みました。 

 

苺ましまろ 7 (電撃コミックス)

苺ましまろ 7 (電撃コミックス)

 

 

苺ましまろ」にもイカれた女児が出てきます。松岡美羽さんです。

 

f:id:s_harakun:20170422213826j:plain

松岡美羽、12歳(『苺ましまろ』アニメ公式サイト

 

 松岡美羽は、一回のボケのためだけにメリケンサックや消臭力や絵本を自腹で買ったり(小学生のお小遣い額を考えれば異常)、アイドルになりたいと言ってバク転し頭を強打して死んだりします。ぶっ飛んでます。おそらくまともな人生を歩むことは困難でしょう。日常系漫画でここまでぶっ壊れた女子小学生もなかなかいないのでは。

 

「イカれる」と「女児」は、現実世界ではかなり遠いところにあります。普通に生きていたら、その二つが交わる場面に出くわすことはありません。だからこそ、イカれた女児が現れた時、その果てしないギャップに笑ってしまうのです。

みなさんも、イカれた女児を応援していきましょう。

【速報】s_harakun氏、自宅に侵入した花粉と鉢合わせ、暴行を受ける

ニュースです。

今朝未明、無職のs_harakunさんが、自宅に侵入してきた花粉から暴行を受けるという事件が発生しました。

朝、目を覚ますと、鼻に何やら違和感を覚えたというs_harakunさん。花粉症歴24年の大ベテランであるs_harakunさんは、すぐにそれが花粉の仕業だと気付いたとのこと。花粉はその後、s_harakunさんの鼻腔に殴る蹴る等の暴行を加えたということです。

花粉被告は「気付いたらs_harakunさんの部屋にいた。本能で鼻腔を攻撃してしまった。今は反省している」と証言しており、犯行は計画的なものではなかったと主張しています。

暴行を受けたs_harakunさんは、ティッシュを取ろうとベッドから降りましたが、そのときに「おるちゅばんエビちゅ 8巻」を誤って踏み、右足を負傷。こちらも花粉被告による犯行ではないかとみて、警察は捜査を進めているとのことです。

 

f:id:s_harakun:20170227230653j:plain

犯行に使われたとみられる凶器

 

s_harakunさんの右足の怪我はすでに完治。鼻腔については、ドラッグストアで一番安い鼻炎薬を服用して治療中とのことですが、強い副作用のせいで三時間もおひるねしてしまったそうです。

 

次のニュースです。s_harakunさんが使用しているプリティでキュートなおパンツに、何者かが穴を――

電車でポルノを読む方法

障害者100人が健常者に物申す、という番組をEテレでやっていた。出演者の一人である全盲の男性は、電車では点字の本(肉眼では何も書かれていないノートにしか見えない)を読んでいるという。すると、ある日、目の前に座っているおばあさんから、「よく勉強して偉いわね」と言われてしまった。しかし、そんなことを言われると、彼は困ってしまう。差別的な発言だ!とか、そういうことで困っているのではない。

実は、彼の読んでいる点字の本は、ポルノだったのである。

これは革命だ。点字の本ならば、何を読んでいるのか傍目では絶対にわからない。マルキ・ド・サドフランス書院文庫も、周りの目を気にせず読み放題である。

家で読むには飽き足らず、電車で通勤・通学する間にもポルノを学びたいという賢明な諸君。今すぐ、点字の勉強を始めるとよろしい。シームレスにポルノ世界と接続できる輝かしい未来が待っているぞ。

 

点字・点訳基本入門―点字に興味を持ったら、最初に読む一冊

点字・点訳基本入門―点字に興味を持ったら、最初に読む一冊

 

 

s_harakunさんちのメイドラゴン

労働で一番辛いのは労働ではない。死にたくなるのはいつでも出勤前日の夜である。

もとい、前日の朝からすでに辛い。ひどいときは二日前の昼飯が喉を通らないときもある。前回の就業で何か失敗をしたときなどは、もれなくその状態になってしまう。喉が、キュッ、てなる。だから、いつもより多めに咀嚼しなきゃいけないのだが、そういうときに限って虫歯だったりするのだ。ストレスは時に虫歯の要因にもなるという。これは立派な労災である。労基署への申請もやぶさかではない。

 

maidragon.jp

ところで最近、「小林さんちのメイドラゴン」というアニメを観たり観なかったりしている。小林さんという人間の家にドラゴンが現れて、生活を共にするという話だ。

小林さんは、ドラゴンを見ても、あまり驚かなかった。普通なら、驚く。私だって驚く……と思ったが、しかし、ドラゴンが現れるのがあの日であれば、私でも驚かずにいられるかもしれないのだった。そう、出勤の前日である。出勤前日の私は「とても気分が落ち込んでいる」。だが、この時の「とても」は、あなたの考えている「とても」の数十倍巨大なものを指しているのである。私が「とても気分が落ち込んでいる」と言ったとき、すでに私は人間ではなくなっている。私は座布団になる。床にぺちゃりと横たわり、じっと動かない。呼吸をしているのか、していないのか、自分でもわからなくなるほど、生きた心地をかなぐり捨てるのである。

 

座布団は驚かない。無職の男に上に乗られて、プシューーーッと長めの屁を噴射されても、ビクともしない。屁どころか、おしっこをかけられても、うんこを乗せられても、うんともすんともしないのである。

座布団と化している時の私ならば、と思う。突然、玄関からドラゴンが入ってきても、驚いたりしないだろう。ドラゴンが私の上に座って、部屋を埋め尽くそうかという巨大なうんこをしても、その茶色い塊の下で、私は明日の出勤に震えるのである。

 

サバンナの象のうんこよ聞いてくれだるいせつないこわいさみしい   穂村弘

 

シンジケート

シンジケート